読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年一番の大きな買い物は、、

ハウスキーピング 家のモノ


雑貨はちょこちょこ買っておりますが、
今年も終わりに近づいたこの秋に
今年一番の大きな買い物がありました。


それは、洗濯機。


8年使った日立ビートウォッシュ全自動洗濯機が
夏頃から爆音と共に洗濯するように。


テレビの音も話し声も聞こえないし、
一番の悩みはお隣さんにご迷惑じゃ、、、と心配しつつ、音に耐えつつ、
でも数ヶ月でついに負けて、買い替えました。


ドラム式ではなく、縦型洗濯機で
浴室乾燥があるので、乾燥機なしを探します。


8kgの洗濯機だったので、子供の成長を考え、
10kg容量のもの、日本のメーカーのものを希望しまして、探しました。


店員さんのアドバイスを聞くと

パナソニック、日立が売れ筋。

我が家は粉石鹸を使っているのですが、
パナソニックの売りである「泡洗浄」機能は、粉石鹸では発揮できない。
とのこと。

あと9kgと10kgについては、幅が同じで高さが違う、とのこと。


性能やサイズなどの説明を受けたのですが、
私には一つだけひっかかるポイントが、、、

それは、なぜか10kgタイプは日立もパナソニックもベージュ系。


ベージュは嫌だったんです。
白いシンプルな無印良品のような洗濯機が良いんです。


でも、見た目と「グッドデザイン賞受賞」につられて購入した
冷蔵庫の性能がイマイチすぎて、
グッドデザイン賞に性能は含まれないのね。」とがっかりしつつ、
今もその気持ちが現在進行形な私は、
果たして見た目重視で買っていいのか、、と店頭で散々悩みました。


10kgはあきらめて、ホワイトがある9kgにしたらどう違うのか、とか
その辺も店員さんにぐちぐち聞きつつ、

やっぱり自分の好きな見た目は、日々の家事に重要!と
自分を納得させて、、、


HITACHI ビートウォッシュの白い本体がある9kg容量のものにしました。
目の前でちょうど日立が値下げされたのも、決め手の一つでしたけれど、、



蓋にデザインや色を持って来たがる日本メーカーの洗濯機の中で
この9kg容量のものは、くすんだブルーシルバーです。


実際に洗濯してとにかく驚いたことは、

今まで毎日57Lの水量で稼働していた我が家の洗濯量は、水量46LでOKになり、
洗濯量が少ない日で46L水量で稼働していたのが、34L水量に
それぞれ節水になったことです。

あとは音が静かなこと。

洗い上がりは、正直よくわかりません。



我が家の排水口が床にあるので、このゴムで作って、
排水口の上に空間を作るようにしています。

参考記事

http://d.hatena.ne.jp/mugichanote/20131209/1386564187mugichanote.hatenadiary.jp




あと、今回の洗濯機買い替えで、
洗濯機専用の水道蛇口を閉めておこうと思ったら、
うんともすんとも言わなくて、焦りました~。


ほとんど回さずに開けっ放しにしてしまっていたので、固まっていたようです。


ネットで検索し、なんとかくるっと回った時は本当に嬉しかった。。
日頃のこういう手入れを怠っていたことを反省しました。