読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団の打ち直しをしました

寒い我が家。
ぺたんこの布団は寒い。

ということで、長年だましだまし使っていた敷布団2枚を打ち直しにだしました。



やーっと決心した理由は「寒い」「ぺたんこは嫌」以外にもうひとつ。


近所の布団屋さんの存在でした。


実家も含め、今まで住んでいた場所の近所に布団屋さんがなかったこともあり、
生協の「宅配できる布団の打ち直しサービス」を利用していたのですが、
毎回同じ柄の布団ができるので、いい加減もうその柄を見たくない、、というのが本音で、、、。


今住んでいるところの、近所にたまたま、昔ながらの布団屋さんがありまして、
料金などの質問をしに行ってみたら、


店内の棚にたくさんの布が置いてあって、

「好きな柄を選んでいいよ。どれを選んでも同じ値段」

と言われ、その柄の豊富さが楽しかった!



しかも、生協のサービスだと、
布団袋を送ってもらう→布団をつめて、送り返す→出来上がるのを待つ
で、1ヶ月近くかかるようでしたが、

布団屋さんのおじさんは「2枚を1週間から10日でやる」と言ってくれ、
さらに布団を持ち込んだり、送る作業も当然なく、
料金も生協より安かったので、
その場で決心!


今時の宅配サービスよりもありがたい、
昔ながらの「商店」のサービスでした。



そして出来上がった布団がこちらです。



私の好みの、幾何学模様的な、柄。
しかも、パステルカラーでもない、ビビッドな色合い。
花柄じゃない!



嬉しい、、、。



ユンバリのピタゴラスのような、色合い、、、。

「赤」と「青」以外ほとんど違いますけれど、、
個人的に、このピタゴラスの雰囲気がとても好きなんです。。


スウェーデンユンバリ社ファブリック ピタゴラス
http://www.icenter.co.jp/pythagoras.htm


打ち直す布団の一つが子供用サイズ→大人用サイズへの変更ということもあり、
追加する綿の量が増えまして、料金も当初よりちょっとお高くなりましたが
2枚で2万円弱で、できました。


羊毛敷布団も軽いし、安いし、いいですが、
すぐにへたるし、打ち直すくらいなら、買い替えようか、となってしまいますので、
私は、これからも「打ち直しのできる」綿の布団を愛用していきたいです。。

なにせ、このふかふか、、たまりません!!







今回いろいろ見ていたら、
布団の丸洗いサービスなるものを、発見!
世の中、いろいろあるんですね。。。




ネットではこんな打ち直しサービス。
柄はちょっと、、、、ですが、、、。