読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンガーラック、買いました。

インテリア


転勤族で引越の多い我が家。
古い家が多く、和室がメインなので、
いわゆるクローゼットのような、
コートなどを掛けてしまう収納スペースがありません。

そこで、必要に応じて買い足していた
ハンガーラック。

ところが、、、。

デザインもホコリ対策のカバーの色もバラバラで、
ニトリで買ったお気に入りも数年後には同じタイプがなくて、
結局バラバラになる始末。

さらに、モノに寄っては強度が弱くて、
数年後には、前傾姿勢になってしまうものまで。。。


これじゃいかん!とずーっと思っておりましたが、
思っているだけで、行動にはうつしていませんでした。


そして、先日やっと買い替えました。
強度の高いものを。。。


我が家の前提条件は、、、。


(1)ホコリがつかないように、しっかりとしたカバーのついているもの。
(2)横幅が90cmくらいのもの。
(3)頑丈なもの。
(4)上部に棚板があり、上にもモノが置ける。
(5)ハンガーラック下にはFitsの収納ケースが置けるもの。
(6)キャスターがついている。
(7)フィッツ収納ケースも載せることができる



ずっと探してたわりには、これだ!と思うモノが無かったのですが、
何かを探していたときに、ふと見つけたのが、こちら。。。




大人2人(女性)で組み立てて、二つで1時間近くかかった気がします。
さすがに、一つ目で苦労した分、二つ目はテキパキと作り上げることができました。

1人で組み立てるのは、結構しんどいと思います。



(1)2本の短いポールを組み合わせて、1本の長いポールを4本作る。
(2)必要に応じてキャスター取り付ける
(3)好みの位置を決め、棚板を止める金具をポールに取り付ける
(4)一番下となる棚板を棚の上部からそーっと取り付ける(そーっとしないと、(3)で取り付けた部品がすぐとれる))
(5)真ん中、一番上も(3)と同様に、そーっと取り付ける
(6)ハンガーをかけるポールを取り付ける



2人で作業できる場合は、立てたまま、2人で支えながら作業すればできます。
1人での作業では、立ててやるのはまず無理なので、広い場所で横に置きながら組み立てたらいいと思います。



カバーをかけても、開けっ放しと閉めるのと選ぶことができます。

開けっ放しにする場合は、写真のように、カバーについている金具で
くるくるととめておくことができます。


最上部に一番上の棚板を取り付けると、カバーをつけた際に
上にモノを置くことができません。

幅が約90cmなので、かなりたくさんの洋服を掛けられます。

スチール製のラックなので、がたがたしたり、
以前我が家にあったハンガーラックのように形が歪んだり、、
ということは無さそうです。


我が家は、洋服類はほとんど「テンマ Fitsシリーズ」の収納ケースに片付けています。
この収納ケースもラックに収納できる奥行きも、今回選んだポイントです。

今回は下記のサイズ(フィッツケースクローゼットL−53)を二つ縦横に重ねて、置けるように棚板を組みました。

すると、ハンガーとして利用できるスペースに、Yシャツなどを掛けておくことができました。


洋服部屋として利用している和室が、今までとは比較できないくらい
すっきりと片付きました。


お値段もお手頃でしたし(アイリスオーヤマ製)、
何でもっとはやく買い替えなかったのか。。。と正直思いました。




↓購入したのは、こちら。

ラック2個とカバーで合計3箱の荷物が
注文後1週間もかからず、届きました。

商品名:【ワードローブカバーセット】メタルワードローブ(SEW-913)とカバー(MR-90CV)
店舗:e-netshop 家具インテリア館