読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JosephJosephのまな板、レビュー

使い始めて半年くらいは経つのでしょうか。。
近所のスーパーで見た目がかわいくって一目惚れしたJosephJosephのまな板。

ちょどまな板の買い換えを考えていた頃だったので。


今日はそのレビューです。

散々色も悩みました。
種類もたくさんあり、どれが使いやすいんだろうと
レビューを読みまくった日々…。


そして、結局これにしました。
ネットで買うと、かなりお安かったので…。



大きなまな板と小さなまな板。



今日は、このまな板のかわいさにだまされてはいけない!?レビューです。


まず、大きい方は薄くて固くてビビッドカラーのかわいいまな板。

ウキウキしながら、使い始めました。


ん?


なんか、感触が今までの白いありがちなまな板とは違う…

なんだろう…

失敗したかな、買い物…

としょっぱなからドキドキさせられた一品でした。



うまく言えないのですが、
私がもっている包丁と相性が悪い気がするのです。。


このまな板がイギリス製で
私の使っている包丁が日本製で
本来、使うべき包丁の種類が違うのかな。。と、いつも思います。


裏がでこぼこ、これまたかわいいドット柄みたいになっていて
滑り止め効果があります。

なので、滑りにくく、それはマルです。

ただ、そのでこぼこには汚れがたまります。



そして、きになる、本来の…切れ味が…。




最初のうちは違和感ばかり感じて、
かれこれ、半年くらい使って
やっと相性のよい包丁も現れましたが…。


モヤモヤしながらずーっと使っていますが、もうちょっと汚れたら買い替えようと思っています。


そして小さい方。

こちらは、見た目は最高!
そしてパンを切るのには問題なし。

切ってトーストしたパンをそのまま置いて食卓にだしても私はOK!


このように、果物などちょこっとしたものをちょっとだけ切るには問題なしです。

でも、「包丁で切る」という本来の目的は、お世辞にもかなえてくれるとは言えません。

すっごい切りにくい。


半分のキュウリ、千切りしておこう、
トマトを切っておこう、

が、できないまな板。



なので、うちではもっぱらパンと果物専用になりました。


大切な包丁がダメになる前に、、大きいまな板は買い換えを検討したいと思っています。
(これは、子供の粘土板にでも、払い下げようかな…)






▼私が購入したまな板はこちら。


JosephJoseph(ジョセブジョセフ)まな板



▼その他いろいろ、JosephJosephのまな板。